睡眠の症状でお悩みの方、一度ご相談ください。03-5315-8210 お問い合わせ・受付時間:9:00~20:00(火曜日21:00)

検査について

なぜ検査・治療が必要なの?

21世紀の国民病ともいわれる睡眠時無呼吸症候群。
昼間の眠気、集中力の低下といった生活の質(QOL:クオリティ・オブ・ライフ)の低下ばかりか、重篤な合併症を引き起こす引き金にもなり得ます。これらを予防・改善していくためにも、適切な検査、治療を行うことをお勧めします。

1泊入院PSG検査って?

PSG(Poly Somno Graphy:ポリソムノグラフィー)検査とは、患者さまの体にセンサー類を装着し、睡眠中の脳波・心電図・呼吸運動・動脈血酸素飽和度等を計測して睡眠時無呼吸の有無、程度しいては他の睡眠障害の有無を検査するものです。

写真:センサー装着風景
センサー装着風景
  • 脳波・筋電図・眼球運動
    睡眠の深さを判定するのに用います。
  • フローセンサー
    鼻と口から呼吸が出来ているかを調べます。
  • いびきセンサー
    いびきの音を波形で記録します。
  • 胸腹部ベルト・ポジションセンサー
    呼吸する際の胸とお腹の動きを記録します。
  • パルスオキシメータ
    血液中の酸素飽和度を測定します。
  • 下肢筋電図
    両足のすねに電極を置くことで、睡眠時無呼吸症以外に睡眠を障害する病気(むずむず足症候群、周期性四肢運動障害など)の有無を調べます。

痛みは全く無く、普段どおり約8時間お休みいただきます。
また検査費用は健康保険の負担割合によりますが、3割負担の方で約16,000円ほどかかります。

検査の流れ

外来受診

まずは一度外来受診していただき、医師による問診、必要に応じて簡易検査・採血や心電図、肺機能検査を行い1泊入院PSG検査の必要があるかを判断します。(来院の際には健康保険証をお持ちください)

1泊入院PSG検査

入院当日は19:00~19:30までにご来院ください。また食事はなるべく事前に済ませてください。

  • 19:00~19:30
    受付、医師による問診、シャワーを浴びていただきます。
    ※頭皮にセンサーを付けるため、洗髪をします。
  • 20:00~22:00
    センサー類装着開始
  • 22:00~23:00
    検査開始(就寝) これより8時間分のデータを記録します。
  • 翌朝6:00頃
    検査終了・シャワー
    ※装着の際に頭皮にペースト(クリームのようなもの)を付けます。
    朝、ご帰宅前にもシャワーを浴びられることをお勧めいたします。
  • 7:00~8:00
    退院

診断について

検査結果が出るまでに約2週間ほどかかります。
次回再診日に医師より検査結果に関しての説明があります。

専門技師による解析

PSG検査で得られた8時間分のデータを解析します。

1泊入院検査

終夜睡眠ポリソムノグラフィー(PSG)検査

  保険診療料(4,538点) 施設使用料 ご負担金額
1割 ¥4,540 ¥2,160 ¥6,700
2割 ¥9,070 ¥11,230
3割 ¥13,610 ¥15,770

CPAPタイトレーション検査

保険診療料(6,168点) 施設使用料 ご負担金額
1割 ¥6,170 ¥2,160 ¥8,330
2割 ¥12,340 ¥14,500
3割 ¥18,500 ¥20,660

お気軽にお問い合わせください/03-5315-8210/お問い合わせ受付時間9時-20時

ページの先頭へ戻る