睡眠の症状でお悩みの方、一度ご相談ください。03-5315-8210 お問い合わせ・受付時間:9:00~20:00(火曜日21:00)

医師紹介・院長挨拶

院長挨拶

成人における閉塞型睡眠時無呼吸症候群(obstructive sleep apnea syndrome:OSAS)の頻度は男性で1-4%、女性で0.5-3%程度といわれています。わが国における調査でも、患者は約200万人との報告があります。

OSASは、睡眠中に上気道が頻回に閉塞するために低酸素血症、脳波上の覚醒反応を繰り返す疾患です。そのような睡眠中の呼吸異常は、心臓や血管、神経系へストレスを与えます。その結果、高血圧、耐糖能異常、交感神経の亢進、炎症、血液凝固系の亢進などを来たすため動脈硬化が促進します。近年、無治療のOSASは心筋梗塞、脳梗塞などの疾患を発症して生存率が低いことが明らかになってきています。また、正常な睡眠がとれないため、精神神経系にも影響して日中過眠、倦怠感、注意力の低下などを来たし、交通事故や労働災害の原因にもなります。

OSASの治療は、主に経鼻的持続陽圧(nasal continuous positive airway pressure:nCPAP)、歯科装具、耳鼻科的治療が行われています。この中でもnCPAPの効果については多くの研究報告がされており、現在では中等症から重症のOSASに対する最も有効で、安全な治療とされています。

世田谷睡眠呼吸センターでは、OSASの診断とnCPAPによる治療を専門に行っております。いびき、日中過眠などの症状でお悩みをお持ちの方は是非、この機会に当院外来を受診してください。

医師紹介

川原 誠司 (かわはら せいじ) 院長

略歴

平成6年 日本大学医学部卒業
同年~ 日本大学板橋病院にて研修
平成9年~ 銚子市立総合病院呼吸器科医員
平成11年~ 日本大学板橋病院呼吸器内科助手
(平成11年10月) (ハワイ大学で睡眠医療の研修)
平成12年~ 社会保険横浜中央病院呼吸器科医長
平成14年~ 日本大学板橋病院呼吸器内科助手
平成18年 日本大学より医学博士号取得
平成20年~ 世田谷睡眠呼吸センター院長就任
平成20年~22年 日本大学板橋病院呼吸器内科兼任講師

所属学会

日本内科学会専門医
日本呼吸器学会専門医
日本アレルギー学会専門医
日本睡眠学会認定医

スタッフ紹介

写真:スタッフ

ページの先頭へ戻る